助産師 灘 久代のQ&A

妊娠高血圧症候群は何故初産婦に多いのか

妊娠高血圧症候群は、何らかの原因によって引き起こされる妊娠に対する母体の適応不全とも言われ、初産におこりやすい面があります。 治療法は、その発症要因により異なります。二人目の妊娠に対し、ご心配が絶えないようですね。一度、次回の妊娠・出産でお世話になりたい病院で、ご相談されるのが一番です。本来、妊娠や出産にまつわる相談は、妊娠してからではなく、妊娠前が、よりベターなのです。快く相談に応じてくれると思いますよ。 医療機関に相談されることで、少しでも不安を解消し、近い将来、心身ともに安定した二人目の妊婦生活を過ごされることを願っております。